海外不動産投資で将来の蓄えに|先を見る目を培う

男性

悩むことはありません

お金と積木

不動産投資をしようとすると、どの投資用マンション買ったらよいのか悩んでしまう人も多くいます。少し見方を変えて、投資用マンションを保有することよりも投資用マンションの収益を享受するという方法を検討してみましょう。

詳細を読む

設備を土地ごと購入

ソーラー発電

土地付き太陽光発電は、企業のファイナンスとして高い需要があります。新たに土地を探して設備を導入する場合と比較すると、かかる費用が少なく、発電量もある程度見込めるためです。ただし発電開始後ある程度の年数が経過している場合、売電単価の固定期間がその分減っているので、シミュレーションをすることが大事です。

詳細を読む

日本の人口の減少が顕著

紙幣と硬貨

成長する海外投資が必要

日本は少子高齢化の進展が進んでいるため不動産投資市場の先行きに影響が避けられません。一方、海外の人口の増加が著しい国が多く、海外不動産投資のチャンスが横たわっています。海外不動産投資は為替のリスクが存在しますが、経済成長が見込まれているので、不動産に対する需要が拡大しています。不動産投資は金額が大きくなるとリスクが高くなるので、初めて海外不動産投資を行う場合には金額を限定して投資をすることが安全につながります。最近は海外不動産においても投資口を小口に分けたREITが上場されるケースが増加しているため、REITに投資することは海外不動産投資の入り口として最適になっています。上場REITで経験を積んだうえで私募REITや個別物件に投資先を転換することが可能になります。

地域による特徴の把握

海外不動産投資を行う場合には地域による不動産投資の特性を把握する必要があります。先進諸国に投資をする場合にはすでに不動産市場が成熟していますので、物件情報の入手が容易にできますので、投資対象を比較することによって自分にとって最適な投資先を探すことが可能となっています。為替の変動も発展途上国ほど大きくないことも安心材料になっています。しかしながら相対的に物件価格が高額になっており、大きな投資金額が必要になるケースが多く、リスクが高くなります。一方、発展途上国の投資は物件情報が少ないうえに為替リスクが高くなります。しかしながら物件価格が低いケースが多く、良い情報を仕入れることで収益のチャンスを獲得することが可能です。

こちらもおすすめ

  • 海外不動産投資の情報まとめサイト

    海外不動産投資を成功させたいならこちら。あらゆる投資テクニックが紹介されているので、高い確率で利益がもたらされます。

会社に依頼すると

スーツの男性

サブリースというのは又貸しという意味で、自分の不動産物件を不動産会社に一定期間貸し、入居者とのやり取りなどを不動産会社に任せるというシステムです。たいてい家賃保証が設けられているため、入居者が居なくても家賃を得られること、入居者との交渉をしなくて済むというメリットが注目されています。

詳細を読む